「是非」はなぜ「是非」なのか

今指導している大学院生は小学校の学校配布物の研究をしている。昨日学生が学校だよりや切り取り線プリントの依頼表現について報告していた時、興味深く思ったこと。 「是非ご参加ください」 こうした文言はプリントの各所に見られる。…

「大好き」が「好き」に負ける時

「ねえ、私のこと好き?」 「好きだよ。」 「それだけ?」 「・・・ 大好きだよ。」 「わたしも大好き!」 というようなカップルのやりとりにおける「好き」と「大好き」の力関係は、 「好き」<「大好き」 である。 しかし、意…

Can-do ベースと材料ベース

ある分野における行為と、別のある分野における行為との間に同じ関係性を見いだすことができる。言語記号論で有名な池上嘉彦氏はその現象を「相同性」という言葉で規定する。 <相同性>とは、抽象的な定式化では、X という分野におけ…

国際語としての日本語・日本語教育

2015年8月に国際語としての日本語教育に関する国際会議をブラジル・サンパウロで開くことになった。2013年3月にサンパウロ大学の松原先生と起案してから約1年半。準備は着々と進んでいる。 公式サイト 日本語サイト もとも…