夏野剛×落合陽一対談メモ

2016年11月28日 20:00-21:45 @DMM本社

備忘録としての記録

★入学試験について
O:スマホ持ち込み可で正規分布できる試験をどうつくるかが大事だと思っている
N:正規分布じゃなくてもいい正規分布にすべきということ自体、ナンセンス。上の方や下の方の問題をつくるべきではない。必要なことができるかどうかを測るべき。
足切した上で小論文・・・ハーバード方式がよい
O:実際にそうなると試験監督が大変

★落合氏のキャリアデザイン
N:なんで親と違う職業についた?
O:文系にはいきたくなかった
N:まだ文系理系とかそういう概念がある?
O:自分が高校の頃はあった
反証不可能な職業につきたくなかった。貯まる職業がよかった。
N:お父さんみたいな職業は?
O:小説家は貯まるけど、ジャーナリストは貯まらない
理系には反芻可能なものが多いので理系へ。
N:医学はいかなかった?
O:医学部も受けたけどたまたま通ったのが情報だった。
(#N:そっちにいったらまた別の意味で魔法使いになっていたかもw)
N:基礎医学以外の医学は反芻可能性なし
しかし、勉強できる子はここ20年6-7割医者ばかり
(落合氏母校の)開成高校出身者も医者が多い。

★医学とAI
N:実は医学はインターネットの恩恵を最も受けている
医者むけのネットワークがある
医療ベンチャー
皮膚と目が一番医者がすくない。情報も少ない。スマホで写真をとって送るだけで診断してくれるサービスがある。
O:ビジュアルで判断するものはカメラでやればいい
N:医療訴訟が一番多いのが内蔵外科

★こどものデジタルリテラシーの変化
N:こどもの学校では今はんだづけを教えている
O:はんだ付け大事
N:今はすべての製品ではんだづけが必要
O:Deep learningはコーディング不要
今は10代でできる
夏休みの宿題でポケモン判定や顔認識とかあなたにそっくりなポケモンつくります、とかできる
小4 がスウィフト書いている。パイソンより簡単。
最初にスクラッチをやって、その後シブヤのcoder道場にいった。
始めたところからがスタートライン

★AIでなくなる仕事には何がある?
N:大企業の社長職
調整事はAIが得意
社長がこれまでやってきたことはいろいろな選択肢から一番ギャップが小さいところを選ぶ仕事
これはAIでもできる
AIでできないことは何か
むしろリスクが高いこと
信念でやるかどうかが問われること
O:DangerとRiskは違う
Riskは想定できるが、Dangerは想定できない。
スカイダイビングやドナルドトランプが大統領になるようなことは想定不可能
(#落合氏は胎教にトランプ大統領の演説を聞かせているらしい)
だからAIはスカイダイビングやバンジーはやらない
N:女性の野生の勘もAIでは担えない(?)
人間は根拠のない確信があるときがある
(#夏野氏の奥様の野生の勘のお話)

★言語とAI
O:google 翻訳の精度が飛躍的にあがった
あとは同通だけの問題(同時通訳)
でも、SNSを事前になおしておけば同時通訳はできる
N:docomoの通訳はずっと変えなかった。背景知識量が多い。
O:言語のAI化はやばい
O:論文はすごい形式言語
意味合いがぶれる可能性が低い
N:日本にとっては大チャンス。今まで書いた日本語の論文をgoogle翻訳で英訳してネットにあげておくだけでサイテーションがあがる
母国語で博士号がとれるのは日本だけ
大学ランキング超あがる
N:そうはいっても、翻訳監修の仕事は残るだろう

★AIの時代に子育てどうすればいい?
夏野氏おすすめの学校
ぐんま国際アカデミーは公立のバイリンガル校
男子校
http://www.gka.ed.jp/
バレエも大事。体を自由に動かすためのレッスンは大事
ピアノなど

★身体(スポーツ・医療)とAI
O:最近手足に筋電をかける研究をしている
リハビリテーションの領域でされていることと逆のこと(?)
N:バレリーナはどこの筋肉に力をかけているかわかる
O:電気を流すと右で三拍子、左で四拍子、左足で5拍子がすぐできる
スポーツはすぐさせたい動きを筋電の操作で実現できる
(Q:発音や発声もその応用が可能か)
N:声帯の再生はいま研究室の学生が着手している
(#デビッド・ボウイがやっていた管の話(?))
唇の動きで再生することは既に実用化されている
N:つんくの声の再生、中井くんの歌唱力を上げることも可能
N:俺の筋肉でボルトの動きさせられても、体が持たない気がする
O:今眼内レンズをいれている。視力が2.5になった。
光彩より前に入れるなら若いうちがいい。視覚野が活性化する若いうちにやったほうがいいらしい
O:小さい頃は体研究と脳みそ研究をしたほうがいい
O:大抵のものはディープラーニングでできる

★今後必要な教育とは
N:課題発見力、デバック能力
O:それを研究教育と呼んでいる
コーディングをするときにしていることは2つ。この二つはAIでできない。
1戦略を立てること、
2雑用すること(フォルダにつっこむ。配線つないであげる)
N:それは今の宇宙飛行士がしていることと同じ。
宇宙飛行士がしていることも超雑用と戦略をたてること
O:判断とオペレーションにつきる
O:環境構築のほうが教育において重要

★ものづくりIoT教育
O:課題も理解できる
マインクラフトで自分がなぜそれをつくったか説明させる
戦略のないものはだめ

★コーディングを学ぶ必要があるのか
N:コーディングは無駄じゃないが、テストにださないでほしい、
それは文章を書くのと同じ
O:品質保証が大事
品質保証(エラーをみてから対処する)これは人間がする仕事としてのこる
みんながわけがわからないものをつくる世界から守る
今の子どもはコードは書かなくなると思う
でも今の大人はまだコードを書く必要があるので勉強したほうがいい

Qコロイドディスプレイ

Qアートと情報処理

Qクラウドファンディング

★本当の意味でのAIプロ集団の話
O:自分の研究室はアマチュアラボ
数人の精鋭で回している研究室には勝てないなと思う
海外のベンチャーなど
そういうスタイルのラボが日本にはない
ベンチャーでかつラボに金がつかない
N:日本は金が余っているので集め方の問題。自分なら資金集めできる
(落合さんは大学で働きながら会社をつくっている)
O:とがったプロは大学とは別のところにいる
最近はもっとプロっぽい仕事をしたい
N:石黒浩はいい
プロトタイプは研究費でする
そのあとアンドロイドを自分の会社をつくってコピーしている
O:筑波大はなんでもあり
サイバーダイニング
とがった人がいる(?)

★落合陽一のおすすめ書
「ゼロから作るディープラーニング」
斎藤 康
https://www.oreilly.co.jp/books/9784873117584/
パイソンで書く
小学生でもできる

★落合さんのサロンがある
ものづくりサロン
10何人参加

★おわりに:夏野氏
これからのエンジニアはアートをどれだけとりこめるかが味噌
日本はそれに向いていると思っているけど、実践する人は少ない
落合氏はそれを実践している珍しい人
メディアアーティスト
本来技術ってそっち
そのために発展してきた
ダヴィンチはなんだったのか?
枠にとらわれずに生きてほしい

<自分の頭の中でわいていたこと>

反証不可能な真理にも一定の評価はしてもいいのではないか

マハーバーラタには世界の真実の99.9%が書いてあるとか、イスラム教などを宗教を信じている人たちは、反証不可能なことに真理を見出していて、そういう非科学的な態度をすべて否定するものではない気がする。

異常と正常、狂気と正気、エモと科学といった対立的なものをどううまく共生させていくかに人間力がかかわるのかと思う

むしろ形に残らないもの、でも記憶に残るもの、コミュニケーションや体験の蓄積が人生の意義であるとも思う

自分は職業としては科学者でありたいが、生き手としてはエモ者(?)でいたい。
言語データの深層学習から文法ルールがだせる?
音声データから音声や言語ルールがだせる?
動画データの深層学習からマルチモーダルな特徴量が出せる?
大規模で適切な言語データをサンプリングしてコンピュータにぶちこめば人間以上の計算をしてくれる、ということになるのか。
そうなるとデータ観察から人手でルールを見つけてきた職人芸的な言語学者は近い将来いらなくなるか。
というか研究者の仕事の多くは特徴量やパラメータの抽出だったかもしれない。
だからこそ、もう一つ先の力がいるのかもしれない。アートとか、社会実装とか、教育とか啓蒙とか
エモい場所につなげる?
生成文法研究者や認知言語学者はニューラルネットワークベースのgoogle翻訳について今どう思っているだろう?AI対エモの対決はAIの勝利か。

パラ言語などは面白い特徴量だしてくれるかも。
人の声を再生できるようになる?(ALS向けマイボイスは不要になるか)
医療とAIの可能性・・・

マンガはAIにとってかわられる?
小説家は?
どういうのがエモイストーリーかということはやはり人間の仕事か?

デジタルネイチャーは世界不安にいかに解決をあたえるのか?
ISやテロが東京に襲われないためにAIの発展はなにかできるのか

東大教員がこれまで読んできた本やテキストを学習したら、東大の先生の特徴表現学習ができるだろうか
面接やお見合い、小論文評価など主観評価における特徴表現学習力というのは?
SFCの面接教員が今後AIにとってかわられる可能性があるのか
スーパーな特徴抽出学習能力のあるロボットがいたら、エモくなれるのか
人手で特徴量を抽出してきたものと、ディープラーニングででてきた特徴量を比べてみたい

ISとか移民、テロの問題をAIで解決できるところがないか
市民性教育
結婚と子育てはエモ?
エモいこと以外は全部AIにさせたらいい?

大学教育におけるエモい教育とはどのようなものか?
落合氏のコンテンツ応用論・・・

子育てはエモい
結婚も恋愛もエモイ
エモくない部分もあるが
(#焼き鳥屋でSNSでbotで自動返信で恋愛に対応できることもある、と落合氏がいっていた)

教育の役割は編集能力や管理能力以外にも
インターアクションスキルをいかにみにつけるか
コミュ力をいかに身につけるか
市民性形成をいかにしておこなうか
対話力をいかにしてみにつけるか
ということもあるか

介護、接客等、風俗等の感情労働市場はAIによって価格があがる?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中